最近の資産家の投資方法は、あくまでも分散投資ということで、資産がある人であればあるほど、色々な投資にわけて資産運用をしています。不動産投資でも中心を賃貸経営にするとしても、その他の資金はそれぞれに分けて投資をするのが良いのではないかと思います。分散するほどないということでは、絞らざるを得ませんが、いずれは分散投資を目指すべきではないかと思います。よく言われるのは資産の三分割法ですが、その本質は正確に3つに分けるということではなくて、ひとつのカゴに卵をすべて入れないようにということなので、3つでも4つでもいくつでも構わないのですが、分けるべきだということだろうと思います。日本では地震のような天災も多いですし、津波などもありますので、リスク分散はとても大切だと思います。そのことも考えておくべきでしょう。


賃貸経営と物件の立地や条件

賃貸経営をする場合には、賃貸経営をする物件を購入したり借りたりしなければなりませんが、その場合でもその物件を見る目が必要になります。誰が見ても良い物件は、それ相応の価格がついていますので、利益も少なくなります。また利回りが非常に高いのに、自分がその物件を見ている場合には、それに飛びつくのではなく、なぜ他の人はこのような好条件の物件を購入しないのかということを考えるべきではないかと思います。自分が一番早くその情報を得たという幸運に出会う可能性はないでもありませんが、たくさんのプロがいる中で、そのような可能性は非常に小さくなります。まずはよく調べるという習慣をつけておくのが必要ではないかと思います。賃貸経営などの専門業者のサイトや、専門サイトにはその判断のノウハウもたくさんありますから、そこから学ぶべきだと思います。


賃貸経営と諸経費の考え方

不動産投資での賃貸経営を目指す場合には、賃貸経営の物件の表面的な価格からくる計算だけに考えが行ってしまうと、後で意外な出費の伏兵が待っていたりします。例えば税金などや金利の変化などや、修繕費などのこともトータルするとけっこうダメージになったりします。例えば中古のマンションなどの場合でも、管理費がありますから修繕に関しては出費は大丈夫だろうと思ったら、管理費自体が安すぎて、購入した後大規模修繕で、費用の徴収があったとかという場合もあります。そうなると資産運用の意味がなくなってしまいます。マンションやアパートなどでは管理費のことは、最悪の事態を考えて計画を立てておかないといけないと思います。賃貸経営では、定期的な収入しかありませんから、その細かい計算が重要になるだろうと思います。そのような用心も必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*