不動産投資での中心は賃貸経営で、毎月定期的に収入があり、それが増えていけば不労所得で生活ができるようになるということですが、不動産投資はミドルリスクミドルリターンと言われているように、リスクがないわけではありません。不動産を購入して、それを活用するので、株式投資やFXなどのようにすべてが無くなってしまうとか、ほとんど失うとかという心配はないので、それでミドルなのだろうと思います。しかし住宅ローンなどの借金の場合には、そうも言っていられませんので、できるだけリスク管理をしていかないと、住まいを2件以上購入してローンを支払っているようにもなりかねません。そのためにも基礎的な知識と、具体的に物件を見るノウハウが必要になりますし、例えば表面的な利回りと実質的な利回りなどの見方も理解していないといけないということになります。しかし興味があれば吸収力も高くなるので、得意分野にすることも出来るのではないかと思います。


賃貸経営と不動産投資と関心の持ち方

不動産投資での賃貸経営では、最初から賃貸用の不動産を購入できるはずもなく、まずは資金や知識を得ていき、本業で得られた収入や社会的地位などの保証から住宅ローンを利用して、賃貸経営が出来る物件を購入していくということになり、それを重ねていき資産を増やしていくということだろうと思います。そこまで行くまでにも色々な学ぶべきことがありますが、関心を持つということでの不動産投資では、例えば株式市場などのREITなどに投資をしながら、不動産や賃貸に感心を持ち関心を養うという方法もあります。あくまでも関心を持つためですので、最低単位の売買などで良いともいますし、投資信託でも良いと思いますが、そのような方法も実際に賃貸経営を始める前ではひとつの方法ではないかとも思います。わずかでも収益が上がればやる気も起きるからです。


賃貸経営を行うということ

賃貸経営を行うというのは、とても大変です。ノウハウもなければいけません。知識も取得をしておく必要があります。物件を所有していれば、誰でもすぐにオーナーになれるわけではないのです。空き物件になってしまうと維持費ばかりがかかってしまい、家賃収入を得ることが出来なくなってしまうことになるので、不動産業者との連携も必要となります。物件の広告を出すということも必要となりますし、最近では不動産情報もウェブサイトで一括をしてチェックをすることが出来るようになっているので、参考にしてみるのも良いのです。どのような物件が人気なのかということも確認をした上でリフォームをするなどの手配も行うと良いです。しっかりと家賃収入を得ることが出来るように、効果的な広告を出すということも考えておく必要がありますし、オンラインを活用することも必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です